グローバルガバナンスグローバル・ガバナンス 科目一覧

カリキュラム 平成23(2011)年度

★必修科目 ☆選択必修科目 ○選択科目

履修年次 科目名 単位数 科目の種類 2年コース 1年コース 備考
1 国際政治学基礎論 2 基礎科目  
1・2 グローバリゼーション研究 2 基礎科目  
1・2 History of International Order 2 基礎科目  
1・2 History of Cold War 2 基礎科目  
1・2 Global Governance Theory 2 基礎科目  
1・2 国際組織論 2 基礎科目  
1・2 日本研究Ⅰ 2 基礎科目  
1・2 日本研究Ⅱ 2 基礎科目  
1・2 Presentation for English Interaction 2 基礎科目  
1・2 English Writing for Researchers 2 基礎科目  
1・2 国際法基礎論 〔共通:PL, GG〕 2 基礎科目  
1・2 行政学Ⅰ・基礎 〔共通:PL, GG〕 2 基礎科目  
1・2 経済統計分析Ⅰ 〔共通:PL,GG,PE〕 2 基礎科目  
1・2 公共経済分析Ⅰ 〔共通:PL,GG,PE〕 2 基礎科目  
1・2 行政法基礎論 〔共通:PL,GG,PE〕 2 基礎科目  
1・2 民事法基礎論 〔共通:PL,GG,PE〕 2 基礎科目  
1・2 国際政治学入門 〔共通:PL,GG,PE〕 2 基礎科目  
1・2 経済学基礎論Ⅰ 〔共通:PL,GG,PE〕 2 基礎科目  
1・2 経済学基礎論Ⅱ 〔共通:PL,GG,PE〕 2 基礎科目  
1 International Security policy 2 コア科目  
1・2 US-Japan Security Relations since 1945 2 コア科目  
1・2 International Political Economy Ⅰ 2 コア科目  
1・2 International Political Economy Ⅱ 2 コア科目  
1・2 UN and NGOs 2 コア科目  
1・2 日本外交政策論 2 コア科目  
1・2 Regional Studies Ⅰ 2 コア科目  
1・2 Regional Studies Ⅱ 2 コア科目  
1・2 Human Security Ⅰ 2 コア科目  
1・2 Human Security Ⅱ 2 コア科目  
1・2 政治学特殊講義 〔共通:PL, GG〕 2 コア科目  
1・2 国際人権法 〔共通:PL, GG〕 2 コア科目  
1・2 政策分析の技法 Ⅰ 〔共通:PL, GG〕 2 コア科目  
1・2 政策分析の技法 Ⅱ 〔共通:PL, GG〕 2 コア科目  
1・2 政策決定過程論 〔横断:PL,GG,PE〕 コア科目  
1・2 Community Intersts and International Law Ⅰ 2 応用科目  
1・2 Community Intersts and International Law Ⅱ 2 応用科目  
1・2 軍縮・核不拡散論 2 応用科目  
1・2 U.S.Foreign Policy and East Asia since World War Ⅱ 2 応用科目  
1・2 Gender and International Relations 2 応用科目  
1・2 International Political Economy of Asia-Pacific 2 応用科目  
1・2 東アジア国際関係 2 応用科目  
1・2 Peace Studies 2 応用科目  
1・2 New Approaches to International Law and Relations 2 応用科目  
1・2 New Approaches to International Law and Relations 2 応用科目  
1・2 金融論 〔共通:PL,GG,PE〕 2 応用科目  
1・2 Public Policy in Asia 〔共通:PL,GG,PE,AP〕 2 応用科目  
1・2 比較政治外交論 〔横断:PL, GG〕 2 応用科目  
1・2 Japan's Foreign Policy Making Ⅰ 2 事例研究  
1・2 Japan's Foreign Policy Making Ⅱ 2 事例研究  
1・2 国際政治と経済政策 2 事例研究  
1・2 特殊講義(グローバル・ガバナンス) 2 事例研究  
1・2 地球環境と開発援助 2 事例研究  
1・2 Japan-Europe Relations 2 事例研究  
1・2 食料政策と国際交渉 〔共通:PL, GG〕 2 事例研究  
1・2 政策決定と経済団体 〔横断:PL, GG〕 2 事例研究  
1・2 EU論 〔横断:PL, GG〕 2 事例研究  
1・2 NGO/NPO論 〔横断:PL, GG〕 2 事例研究  
1・2 社会安全政策論 〔横断:PL,GG,PE〕 2 事例研究  
1・2 特殊講義Ⅰ 〔横断:PL,GG,PE〕 2 事例研究  
1・2 特殊講義Ⅱ 〔横断:PL,GG,PE〕 2 事例研究  
1・2 特殊講義Ⅲ 〔横断:PL,GG,PE〕 2 事例研究  
1・2 ディベート(国際交渉) 2 ワークショップ等  
1・2 Policy Communication I (Basic) 2 ワークショップ等  
1・2 Policy Communication Ⅱ (Basic) 2 ワークショップ等  
1・2 Policy Communication Ⅲ (Advanced) 2 ワークショップ等  
1・2 Policy Communication Ⅳ (Advanced) 2 ワークショップ等  
2 グローバル・ガバナンス・ワークショップⅠ 2 ワークショップ等  
2 グローバル・ガバナンス・ワークショップⅡ 2 ワークショップ等  
S1・S2 Global Governance Seminar Ⅰ 2 ワークショップ等 - - 外交政策サブプログラム生対象
S1・S2 Global Governance Seminar Ⅱ 2 ワークショップ等 - - 外交政策サブプログラム生対象
S1・S2 Global Governance Seminar Ⅲ 2 ワークショップ等 - - 外交政策サブプログラム生対象
S1・S2 Global Governance Seminar Ⅳ 2 ワークショップ等 - - 外交政策サブプログラム生対象
2・社1 特別研究指導 4 ワークショップ等 社会人1年コース以外は修了所要単位外
1・2 インターンシップ 〔共通:PL, GG〕 2 ワークショップ等  

* 選択科目として、横断科目2科目4単位以上を必ず履修しなければならない。

2年コース

* 必修科目・選択必修科目・選択科目を合わせて、1年次24単位以上、2年次20単位以上を履修することが望ましい。

* 選択科目は、1年次夏学期8単位以上、冬学期12単位以上、2年次夏学期8単位以上、冬学期8単位以上を履修することが望ましい。

*「特別研究指導」(4単位)は修了所要単位数には含まれない。


社会人1年コース

* 必修科目・選択必修科目・選択科目を合わせて、夏学期22単位以上、冬学期22単位以上を履修することが望ましい。

*「特別研究指導」(4単位)は修了所要単位数に含まれる。


1.基礎科目

まず、国際関係の基礎を学ぶために、基礎科目が用意されています。現在の世界政治や国際関係は、多数のアクターが関与しており、様々なイシューをめぐって複雑な展開をみせています。 この複雑な世界の実態を知るために、国際関係の理論、国際関係の歴史的トレンド、そして、国際法という法規範のもつ役割などについて、基礎的な知識をじっくりと身につけてもらおうというのが、この科目のねらいです。 同時に、globalな公共性とはなにか、についてもじっくり考えてもらうことも、この科目の目的です。とくに留学生向けには日本をより深く理解してもらうことをねらって、「日本研究I」と「日本研究II」を開講しています。
これらの科目を通じて、現代の世界政治や国際関係の実態について、より明確なイメージをはぐくみつつ、達成されるべき公共性とはなにかについて考えていくことで、国際政策の形成力の基礎を養ってもらいます。

2.コア科目

基礎科目で、現在の国際関係や世界政治についてのイメージを掴んだら、もうすこし専門的な問題についても知識と思考の方法を身につけてもらいます。そのために設定されているのが、この「コア科目」です。 グローバル・ガバナンスのための政策立案を試みる上で、基礎科目を通じて得た知識は、より具体的で専門的な知識で補強されれば、政策分析や政策立案のためのきわめて強力な道具となります。つまり、この「コア科目」では、 政策立案へとより直接に結びつく国際関係の「コア」な部分を取扱い、学ぶのです。

3.応用科目

「コア科目」を学んだら、次は、もっと政策立案に直結する専門知識と、それをどう使えばよいのかについて、学んでいくことになります。そのためには、実際にどのような具体的な国際関係の問題があり、実際にどのような政策が立てられているのか、 そして、それがどのような問題点をはらんでいるのかなどについて、知ることが必要になります。これらを学べば、いままで学んできた知識をどのように応用すればよいのかがわかってくるでしょうし、また、国際関係の実態のより複雑な局面を知ることになるでしょう。

4.事例研究・ワークショップ

ここまでは、おもに知識を獲得し、それをどう使うかという思考方法を習得するための科目でしたが、グローバル・ガバナンスのための国際政策形成のプロになるためには、もっと具体的な過去の、または現在進行形の事例に接し、 実際に当事者として国際的な問題を見据えて自分で答えを見つけだすという訓練が必要になります。それだけではなく、自分でたてた政策を他の者たちに納得させ、その実現可能性、問題解決可能性、将来的発展性などを説得する必要があります。 そこで、実際に実務にかかわっている教員などを中心に、この「事例研究」や「ワークショップ」という科目が設定されています。