アジア公共政策

プログラムの概要

 アジア公共政策プログラムは、平成12年度から、千代田キャンパスの一橋大学大学院国際企業戦略研究科において、英語による公共政策の教育を実施してきました。毎年15名ほどのアジア諸国から留学生の教育を行うと同時に、講義やシンポジウムなどにおいて海外からの研究者を数多く招き、教育面および研究面で実績をあげてきました。

平成17年度からは、政策大学院に統合されましたが、アジア公共政策プログラムは、引き続き同じ場所で、同じ方針で運営しています。 そして、さらにプログラムを発展させ、アジアでの公共政策教育・研究の真の拠点となることを目指していきます。

また、世界経済におけるアジア経済の重要性が一段と高まっていくと予想される状況下、日本、アジア諸国を問わず、公共政策の理論と実務に関する深い知見を持った国際性のある人材の育成は喫緊の課題であります。アジア公共政策プログラムでは、そうした人材の育成に一段と注力していきたいと考えています。

なお、アジア公共政策プログラムは、他のプログラムとは異なり、10月が新学期となります。 また、本プログラムは社会人を対象とした2年課程のみで、経済政策及び関連する公共政策にかかる実務経験を有する者を念頭に置いています。 社会人1年課程はありませんのでご注意ください。

プログラムの詳細については以下のサイトをご覧下さい(英語のみでの情報提供となります) 

関連リンク

問い合わせ先 プログラム・コーディネーター 岡本由利子
Fax: 03-4212-3146
E-mail appp-admissions@ics.hit-u.ac.jp