Consulting Project
政策分析・政策立案能力を育てる実践的教育プログラム

pond_flower.jpg

概要


 コンサルティング・プロジェクトは、アメリカのいくつかの公共政策大学院でプロフェッショナル・トレーニングを行うために取り入れられている手法です。この手法は様々な名称で呼ばれていますが、その基本的な仕組みは、学生が政策に関するコンサルティングの仕事を擬似的に請け負い、依頼機関(クライアント)との情報交換を重ねながら調査研究を行い、最終的に依頼機関に納得してもらえるような報告書を提出するというものです。
page4_1.gif
 このようなトレーニングには、(1) 学生が実際の政策分析や政策立案に役立つ研究を行うことができるようになる、(2) 政策決定の現場で行われる「依頼された問題に対する調査」というプロセスを実際に体験することを通じて、コミュニケーション・スキルなどの実践力を身につける、という2つの目標があります。

 特に後者の観点からは、コンサルティング・プロジェクトは一種のインターンシップの要素があると言えますが、政策分析や政策立案に関する仕事を行うという目的がはっきりしている点、そして、指導教官の助言等も受けながらコンサルティングの仕事を行うという点において、極めて教育効果の高いインターンシップにすることができると考えています。

 このような教育プログラムは日本ではまだ浸透しておらず、今後、協力をお願いできそうな機関の理解を得る作業を積み重ねていく必要がありますが、政策のプロを育てるための教育としてふさわしいプログラムの1つであると考えており、じっくりと育てて行きたいと考えています。