Consulting Project
政策分析・政策立案能力を育てる実践的教育プログラム

pond_flower.jpg

報告会


コンサルティング・プロジェクトへの参加者は、それぞれのプロジェクトについて学内で報告する機会が数多く設けられています。

<1年目学生>
1年目の夏休み中に開かれる「コンサルティング・プロジェクト報告会」において、公共政策ワークショップでのリサーチ・ペーパーを基にしたコンサルティング・プロジェクトのプロポーザルを行ってもらいます。ここでの報告がコンサルティング・プロジェクトの方向性を決めるものとなります。

<2年目学生>
コンサルティング・プロジェクトの進捗状況の学内での報告は、1年次冬学期および2年次夏学期に開講されるコンサルティング・プロジェクト指導 I, II において行われます。学内での定期的にプレゼンテーションや受入機関でのプレゼンテーションに対するコメントも踏まえて、最終報告書が取りまとめられていきます。そして、2年次の終わりの春の「コンサルティング・プロジェクト報告会」では、コンサルティング・レポートの最終報告が行われ、プロジェクトが終了することになります。最終報告会でのプレゼンテーションおようび最終報告書は、学内での審査に付され、最も優れたコンサルティング・レポートに対して、Best Consulting Report Award(BCRA)が授与されます。

これらの報告会の他、政策担当者・研究者によるセミナーや、懇親会やレクリエーション活動などが行われることもあり、政策に高い関心を持つ学生、教員、学外関係者の交流の場となります。盛りだくさんの活動で、大変な面もありますが、有意義で、かつ思い出に残る機会となることを願っています。