活動報告

年度別

活動報告
  

活動報告

2024.02.07  【関根敏隆教授】 教員活動報告

「転機の金融政策(中) 政策変更 後手に回る懸念も」という記事が日経新聞に掲載されました。

2024.01.26  【江藤祥平教授】 教員活動報告

「公共社会守るのは有権者」と題する記事が朝日新聞(朝刊)に掲載されました。

2024.01.25  【市原麻衣子教授】 教員活動報告

2024.01.21  【市原麻衣子教授】 教員活動報告

2024.01.12  【市原麻衣子教授】 教員活動報告

IPP修了生で現在法学研究科博士後期課程に在籍するサッシャ・ハニグさんと市原麻衣子教授の共著論文、「TikTokが安全保障に与える影響とTikTok規制の現在」が『情報法制研究』第14号に掲載されました。

2023.12.22  【市原麻衣子教授】 教員活動報告

インタビューを受けた内容が、共同通信の記事 「FOCUS: Japan urged to proactively engage with Myanmar as China steps in」 で紹介されました。

2023.12.22  【大林一広教授】 教員活動報告

東京大学の 駒場国際政治ワークショップにて、"Rebellion During A Power Shift Between Rival Empires: Local Security Forces in Burma and Indonesia in World War II"と題する論文報告を行いました。

2023.12.08  【市原麻衣子教授】 教員活動報告

2023.12.06  【佐藤主光教授】 教員活動報告

2023.11.25  【横山泉教授】 教員活動報告

11月25日(土)に、日本経済学会と韓国経済学会、駐日本国大韓民国大使館共同で開催された 「2023 韓日経済フォーラム」にパネリストとして参加し、両国の少子・高齢化に関して議論をしました。

2023.11.20  【竹内幹准教授】 教員活動報告

秩父地域まちづくり協議会で「行動経済学とナッジ理論を活かした政策づくり」と題した講演を行いました。

2023.11.17  【竹内幹准教授】 教員活動報告

外務省・対日理解促進交流プログラムの一環で欧州からのゲストが本学を訪問し、竹内幹准教授の講義に参加しました。

2023.11.17  【松岡秀明准教授】 教員活動報告

The Society for Nonlinear Dynamics and Econometrics にて、"Hidden Fiscal Unsustainability in Real Time" というタイトルの論文報告を行いました。

2023.11.12  【市原麻衣子教授】 教員活動報告

「ミャンマー問題、解決へ岐路」 と題する寄稿が『信濃毎日新聞』に掲載されました。

2023.11.11  【横山泉教授】 教員活動報告

第18回応用計量経済学コンファレンスにおいて、"The Legacy of Socialism and Female Labor Supply in Modernizing Vietnam"(Quynh Huynh and Hyejin Ku)に対する討論者を務めました。

2023.10.31  【横山泉教授】 教員活動報告

2023.10.31  【松岡秀明准教授】 教員活動報告

財務総合政策研究所の学術雑誌 『フィナンシャル・レビュー』154号「グローバル安全資産インバランスと金利」というタイトルの論文を刊行しました。

2023.10.17  【松岡秀明准教授】 教員活動報告

慶應義塾大学 計量経済学ワークショップにて、"Hidden Fiscal Unsustainability in Real Time"というタイトルの論文報告を行いました。

2023.10.11  【横山泉教授】 教員活動報告

神戸大学 経済学部・大学院経済学研究科主催の第8回定期六甲フォーラムにて、"The Unexpected Side Effects of Lockdowns on Those "Barely" Inside and Outside of Lockdown Areas"というタイトルの論文報告を行いました。

2023.10.06  【横山泉教授】 教員活動報告